本文へジャンプ

餃子専業メーカー株式会社信栄食品

餃子の信栄食品社長ブログ

異業種会

地元松本に30年続く 『異業種会』という経営者の集う会が有ります。

僭越ながら、この会の講演者として、商工会議所様のご紹介の元お招きいただきました。

今回は会社でもお世話になっておりますホテルニューステーション『和庵 木葉』で開催されました。

信栄食品は先日松本市の伝統野菜・松本一本ねぎを使用した餃子を発売したばかりであり、行政の推し進める6次産業のモデル化の成功事例となりました。

参加された経営者の諸先輩方につきましては畑違いではございますが、企業経営と企業理念、商品開発への着眼点についてお話しさせていただきました。

一時間程度の講演でしたが、皆様へ信栄食品を知って頂ける良い場となりました。

IMG_0581IMG_0589IMG_0601

 

講演後の歓談におきましては松本一本ねぎ餃子の試食もして頂き、食についての未来像の話・業種の枠を超えた諸先輩方の良きアドバイスを拝聴することも出来ました。

諸先輩方から頂戴した恩恵を今後の経営に生かしていきたいと思います。

中国経済の現実

中国視察に行きております。

羽田から上海→蘭州→嘉峪関と乗り継ぎをしながら初日の目的地、高台に入りました。

昨年は中国国内の諸事情により、視察は見送られ一年ぶりの訪中となりました。

中国東方航空チャイナエキスプレス嘉よく間

メディアから取り上げられている中国経済では、人民元の切り下げショッ

クに端を発した懸念は株式市場を直撃し、パニック的な世界同時株

安を引き起こしております。

中国経済が今後、どのように推移するのかはまだ何とも言えません

が、少なくとも短期間でV字回復するという絵図は描きにくくなっている

と思います。

中国は日本のバブル崩壊後と同じように、深刻なバランスシート不況

に突入した可能性が高いと感じています。

もともと中国経済はまだ発展途上であり、日本のバブル期ほどの成熟

さは感じられないとの見方をする方も実際には存在しますが、わたくし

達食品業界を取り巻く環境まではまだ時間が掛りそうです。

大手企業が脱チャイナを掲げ、中国内からの輸入も生産も海外にシ

フトしているのも現実です。

その中でも今後の活路を開ける企業を訪問致しました。

今回の視察でわたくし達を先導して頂いた長野市でワインを中心に

酒販を全国に手掛ける高野総本店の社長でもありマスターソムリエ

の高野豊先生と共にキリアンワインワイナリーを訪問させて頂きました。

ワイナリー景観ワイナリー社長対談

ワイナリー景観   高野豊マスターソムリエと貯蔵庫   社長対談

高野先生テイスティングテイスティング高野先生、小生

ワイン品評  試飲ワインの数々  高野先生が贈呈した達磨の前で

日本から一番近い産地、日本最大手のスーパーマーケットもこちらのワインのお得意先です。

既に日本国内ではスペイン、チリ、オーストラリアと低価格のワインが出回っておりますが、中国高台

内モンゴルにて展開するキリアンワインは無農薬有機栽培のブドウを使用しているのが特徴です。

この地域の産業に対して中国の習近平国家主席もシルクロード政策の一番重要な起点になるだ

ろうと発言しておりました。

午後からはブドウ畑の視察に出かけてきます。

« 2015年8月 | メインページ | 2015年10月 »
  • 美味しい餃子のオンラインショップ
  • ぎょうざのみせ さくら
  • 餃子の移動販売車 さくら号
  • Sinei 社長ブログ
  • Amazonで販売中
  • 餃子お料理レシピ
  • 採用情報

pagetop