本文へジャンプ

餃子専業メーカー株式会社信栄食品

餃子の信栄食品社長ブログ

餃子のルーツを探して(天津編4)

天津の視察も最終日となりました。

 

地元では有名な行列が出来る饅頭(肉まん)店にお邪魔いたしました。

写真では解りづらいですが10名ほどの点心を作る方がいて改めて中国の人海戦術を目の当たりに致しました。

肉まんの出来上がり具合はとても良く生地、具材そして肉汁がバランスよく中心に入った海老がアクセントになっていまいた。

肉まん店肉まん手造り肉まん肉まん断面

スーパーマーケットのウォルマートを視察しました。

ウォルマートウォルマート入口

売り場に並んでいる餃子類は全て手作りでした。また餃子専用粉なるものも有りました。

すり身wほうれん草w海老ニラw

鶏w水餃子w餃子粉w

 

今回のアテンドをして頂いた藍さん 大変有難う御座いました。

左から藍さん、小生、弊社の工場長です。

藍さん2

尚、藍さんが経営しているお店が松本市の縄手通りにあります。巷では有名な『てまりや』バームクーヘンの専門店です。

http://temariya.jp/
お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

餃子のルーツを探して(天津編3)

3日目は北京へ向かいました。

 

昔は天津~北京間が、1時間半~2時間掛っていたそうですが、新幹線開通後は、僅か30分で行く事が出来ます。セキュリティは想像以上に厳しく、チケットを買ってから新幹線に乗るまでにセキュリティ検査が2か所あり驚きでした。

天津駅中国新幹線中国新幹線2新幹線チケット時速295

念願の天安門広場に行く事も出来ました。

天安門天安門2

毛沢東が生前、贔屓にしていたという北京ダックのお店に伺いました。

北京ダック毛沢東北京ダック

日本では考えられない程のボリュームとリーズナブルな価格。全てに対して大満足でした。

餃子のルーツを探して(天津編2)

2日目は屋台街を散策です。

屋台街屋台焼き餃子屋台焼き餃子2

本場はやはり水餃子が主流ですが、最近は、焼き餃子のお店も普通に受け入られている様です。

ランチは焼き餃子を取扱っているお店にお邪魔いたしました。

焼き餃子店肉餃子ニラ玉餃子肉餃子2

ニラ玉餃子、海老入り豚肉の餃子を頂きました。1オーダー18個からで、2皿が限界でした。

しかしながら本日も良い収穫を得ました。

餃子のルーツを探して(天津編)

中国で直轄市に認定されている国家中心都市の一つ天津市に来ました。

直轄市とは最高位の都市であり、現在 北京市、上海市、重慶市、天津市の4市があります。

人口1,200万人と東京都の人口と同じと言えば解りやすいでしょうか。

今回は友人でも有り中国国家公認料理人である藍さんにアテンドをお願い致しました。

天津市の町並みです。写真左側を流れる海河は天津の母親河とも呼ばれています。

天津景観景観2

日本でいう横浜中華街よりも神戸南京町に近い景観です。

天津門天津お店

初日は餃子が百種類あるというレストランに行き、水餃子中心に小白菜を使用した野菜餃子、ニラと鶏の餃子、豚肉とピーマンの餃子、豚肉と海老の餃子等諸々頂きました。

材料の意外な組み合わせが美味しく開発の幅が更に広がりそうです。オーダーも二人前からなので餃子だけで満腹になりました。

ニラ豚肉とピーマン百餃お店

    ニラの餃子と豚肉とピーマンの餃子各二人前          米国ビールの中国仕様

ワインの会

 

私が近年参加させて頂いているワインの会(通称:松本FOUの会)があります。

私以外にも大勢のワイン愛好者が参加され隔月で行われている会は何時も盛況です。

日本でシニアソムリエの資格を有し、ソムリエ歴20年以上のキャリアをもつマスターソムリエの高野総本店社長でもある高野豊先生が丁寧にワインの基礎から応用までをわかりやすく説明して下さいます。

毎回違ったワインを試飲できる事やそのワインのルーツ、品種や特徴まで事細かに知ることで更なるワインに対する深みがましていきます。

普段は気にも留めないことや知らなかった知識を吸収する事により新しい感動と出会いが生まれます。

今回は高野先生がプロデュースされたワインを中心に頂きました。

bilaピノブランDULOC

信栄食品も餃子のルーツを大切にし、何時もお客様に新しい発見と感動をお届けしたいと思っております。

« 2015年5月 | メインページ | 2015年8月 »
  • 美味しい餃子のオンラインショップ
  • ぎょうざのみせ さくら
  • 餃子の移動販売車 さくら号
  • Sinei 社長ブログ
  • Amazonで販売中
  • 餃子お料理レシピ
  • 採用情報

pagetop